• トップページ
  • 婚活ビジネスの魅力
  • 日本結婚相談所連盟とは
  • 契約・加盟条件
  • 先輩インタビュー
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求
  • 無料説明会申込み
日本結婚相談所連盟

東日本事務局
新宿区西新宿1-23-7
新宿ファーストウエスト12F
03-5324-5657

西日本事務局
大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル 3F
06-6344-3763

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

月間ビジネスチャンスにて好評連載中の「婚活ビジネスのススメ」。
これから結婚相談所を始めたい方には必見です。

婚活市場はこんなに有望だ

「婚活」を一過性のブームだと言う人もいるが、私はそうは思わない。これほど婚活が広がったことには、確かな要因があるからだ。
結婚観の変化や、ITの発達による適齢期男女の多忙化も副次的な要素ではあるが、最大の要因は「社内結婚の低下」にある。

2000年に結婚に至る出会いの場として1位であった「職場・仕事の関係」が、2005年には2位に転落。背景にあるのが、それまで当たり前であった大量の男女が一斉に入社するという形が失われた就職氷河期だ。
こうして職場での出会いが減少し、現在の30代以降=結婚適齢期と呼ばれる世代が新しい出会いを求めて婚活サービスを利用するようになったのである。

さらに、インターネットの進出で集客がしやすくなったことや、ブライダルネットのようにネットを介して出会いを提供する機能が誕生したことにより、婚活市場はより大きく成長した。
そして、2000年の電通による市場調査では300億円だった市場規模が、2007年の経済産業省の調査では600億円へと成長。現代の日本において昔のような大量採用が復活するとは考えにくく、職場以外に出会いを求める声=婚活市場へのニーズは今後も高まることが予想される。

現在、会員制ビジネスやライフスタイルに関するビジネスを展開する企業が、シナジー効果を期待してお見合いパーティーや婚活サイト事業への参入を始めている。個人であれば、カウンセリングを付加価値として堅実な成長が見込める結婚相談所事業がスタートしやすいのではないだろうか。
ポイントは、適齢期世代に受け入れられる工夫。婚活市場は確実に伸びているが、まだ"結婚相談所"といった言葉に抵抗を感じてしまう人が多いことも事実である。このマイナスイメージをいかに払拭できるかが、一つのキーポイントだと言えるだろう。

日本結婚相談所連盟への加盟結婚相談所の推移

<ビジネスチャンス 2010年2月号より抜粋>

結婚相談所の独立開業説明階のご予約はこちら
pagetop